Bill Andrews,
Ph.D.


defytime Science Japan社の科学最高顧問であるビル・アンドリュース博士は、バイオテクノロジー産業の分野に30年以上もの間、身を置き、特にここ20年ほどは "ヒト細胞におけるテロメア短縮" へ介入することにより人間の寿命を延長する方法を探索することに焦点を当てています。
博士は、1981年にジョージア大学にて分子および集団遺伝学の分野で博士号を取得し、その後はArmos社およびCodon社にて上級研究員、Codon社およびジェロン(Geron)社にて分子生物学部門ディレクター、そしてEOS Biosciencesでは、技術開発部門のディレクターを歴任。
ネバダ州リノ市のバイオテクノロジー企業「Sierra Sciences, LLC」の創設者であり、現在、その社長および最高経営責任者を併任しています。

Sierra Sciences社では、ヒト細胞の内因性テロメラーゼの発現を一過性に誘導する薬物の発見に専ら取り組んでおり、既にそのような薬物を30種以上同定し、現在は、それらの作用機序の解明にも取り組んでいます。
ジェロン社での分子生物学部門ディレクター在任時に博士は、他の共同研究者らと共に"ヒトテロメラーゼ"のRNAおよびタンパク質両方の構成成分の発見に重要な貢献をし、1997年には本研究に対して米国の「その年の著名な国内発明家・発案者(National Inventor of the Year)」として第2位を受賞しました。
現在では、TAM-818などテロメラーゼに関する【50以上】もの米国発行の特許に発案者として、その名前を連ねています。

  ビル・アンドリュース博士の世界での映像情報一覧はこちら >>>  
  ビル・アンドリュース博士の日本での講演会情報はこちら  >>>  
  ビル・アンドリュース博士の著書等に関する情報はこちら  >>>  

Telomere

  テロメアとは

"テロメア(telomere)"は、ギリシャ語の「telos(末端)」と「meros(部分)」から作られた言葉です。繰り返し配列を持つDNAのかたまりで、染色体(直線状)の末端に存在しています。
このテロメアには、DNAの分解や修復から染色体を保護し、染色体の安定性を保つ働きがあります。
ご存知の通り人間は、数十兆の細胞から体を形成しており、これらの細胞が絶えず分裂活動をすることで、生命を維持しています。

  老化の原因「テロメア」

しかし、染色体の正常な分配に必要とされるテロメアは、細胞が分裂する度に短縮してしまうため、テロメアが一定長より短くなると、染色体の不安定化がおこり細胞の生存性が失われ、結果として身体の様々な老化現象が現れます。
つまり、ヒトの老化の根本的な要因にテロメアが関係しているのです。

  テロメア短縮で生じる病気
病名(英語)略語病名(日本語)
  • Cardiovascular disease
  • CVD【心臓血管疾患】
  • Cancer
  • -【癌】
  • Chronic obstructive pulmonary disease
  • COPD【慢性閉塞性肺疾患】
  • Degenerative disk disease
  • DDD【変性椎間板疾患】
  • Alzheimer's disease
  • AD【アルツハイマー病】
  • OsteoArthritis
  • OA【変形性膝関節症】
  • Rheumatoid Arthritis
  • RA【関節リウマチ】
  • Oseteoporosis
  • -【骨粗鬆症】
  • General immunodeficiency
  • -【全身免疫不全】
  • Skin Aging
  • -【皮膚の老化】
  • Age-related Macular Degeneration
  • AMD【加齢黄斑変性症】
  • Liver Cirrhosis
  • -【肝硬変】
  • Muscular Dystrophy
  • -【筋ジストロフィー】
  • Cell & Tissue Transplants
  • -【細胞及び組織の移植】
  • Acquired Immune Deficiency Syndrome
  • AIDS【エイズ】
  • Hutchinson-Gilford Progeria Syndrome
  • HGPS【プロジェリア症候群】
  • Dyskeratosis Congenita
  • DC【先天性角化不全症】
  • Idiopathic pulmonary fibrosis
  • IPF【特発性肺線維症】
  • Cri du Chat syndrome
  • -【ネコなき症候群】
  • Down Syndrome
  • DS【ダウン症】
  • Fanconi's Anemia
  • FA【ファンコーニ貧血】
  • Tuberous Sclerosis
  • TS【結節性硬化症】
  • Werner's Syndrome
  • -【ウェルナー症候群】
  • Aging
  • -【老化】

      世界で注目!「血液検査」によるテロメア分析

    2009年ノーベル生理学・医学賞が3人の科学者に与えられ、世界的に大きな注目を集めているのが慢性疾患や早期診断を可能とする血液検査によるテロメア分析です。
    この血液検査による「テロメア分析」では、前項にあげるような癌をはじめとする様々な病気への早期予後を可能とし、独立したバイオマーカーとしての役割は多大であり、今後の医療への貢献は非常に大きなものとなると世界中の医師からも注目されています。
    その中でもdefytime Science Japanが進める分析は、ただ単純に平均的なテロメア長を推定するのではなく、全てのテロメアのヒストグラムを取り、短くなったテロメアを染色体ごとの割合も含め、総括的に評価する方法で、既に持つ膨大なデータによって加齢関連疾患のリスクを階層化するなど、適切に評価するアルゴリズムを有しています。

    Telomerase

      寿命の鍵「テロメラーゼ」

    "2009年のノーベル医学生理学賞は、米カリフォルニア大のエリザベス・ブラックバーン(Elizabeth Blackburn)教授、ジョンズ・ホプキンズ大のキャロル・グレイダー(Carol W. Greider)教授、ハーバード大のジャック・ゾスタック(Jack W. Szostak)教授の3氏が受賞しています。受賞理由は、『寿命のカギを握るテロメアとテロメラーゼ酵素の仕組みの発見』でした。"テロメラーゼ"は、真核生物の染色体末端に存在するテロメアの特異的反復配列を伸長させる酵素です。しかし、ヒトにおいては、生殖細胞・幹細胞・ガン細胞などでの活性が認められており、それ以外のテロメラーゼ活性はほとんど見られません。
    したがって、活性を高めることで「細胞分裂寿命の延長」、活性を抑制することにで「ガン治療」といった両面で注目を浴びています。

      ビル・アンドリュース博士の最大の発明とその理論【TAM】

    「TAM-818」は、2014年ビル・アンドリュース博士(シエラサイエンセズ社)が開発したテロメアの短縮を抑制する物質です。
    1999年から研究を始め、6万近くの化学物質を調査して、ようやく2007年に第一の化学物質で薬剤のようなものを発見しました。
    これが地球上ではじめて発見された薬剤で、皮膚の細胞実験でテロメラーゼの産出に成功しました。
    (※この薬剤は、米国のT.A. SCIENCE社に特許及び製品権を譲渡し、「TA-65」として2007年に市場導入されています)
    さらに検証を進め、40万近くの検証を経てC0314818を発見しました。メカニズムも科学的に証明しており、特許の取得もした物質です。それが【Telomerase Activation Molecule】テロメラーゼを誘導活性化する分子【TAM】なのです。 実際、この時発見された「TAM-818」と「TA-65」と比較テストでは、「TAM-818」のテロメア伸長効果をもたらすテロメラーゼ発現において「TA-65」の80~300倍強力であったという結果も出ています。

    Fortunately, the telomerase gene already exists in all our cells. That’s because the DNA in every one of our cells is identical: a skin cell, muscle cell, and liver cell all contain exactly the same genetic information. Thus, if the cells that create our sperm and egg cells contain the code for telomerase, every other cell must contain that code as well.

    >>>幸い、実際にはテロメラーゼ遺伝子を私達の細胞に挿入する必要はありません。なぜなら、テロメラーゼ遺伝子は、すでにそこにあるからです。DNAはどの細胞でも同一であり、皮膚細胞、筋細胞、肝細胞、そのどれもがまったく同じ遺伝情報を持っています。ですから、私達の精子や卵子を作り出す細胞がテロメラーゼのコードを持っているなら、他の細胞もみな、同じコードを持っているはずなのです。

    The reason that most of our cells don’t express telomerase is that the gene is repressed in them. There are one or more regions of DNA neighboring the telomerase gene that serve as binding sites for a protein, and, if that protein is bound to them, telomerase will not be created by the cell.
    however, it is possible to coax that repressor protein off its binding site with the use of a small-molecule, drug-like compound that binds to the repressor and prevents it from attaching to the DNA. If we find the appropriate compound, we can turn telomerase on in every cell in the human body.

    >>>私達の細胞の大半がテロメラーゼを発現しないのは、その遺伝子が抑制されているからです。テロメラーゼ遺伝子に隣接するDNAには、特定のタンパク質との結合部位が一つもしくはそれ以上あり、タンパク質がそこに結合すると、細胞はテロメラーゼを作らなくなります。
    しかし、リプレッサーと呼ばれるそのタンパク質に結合して、リプレッサーがDNAに結合するのを防ぐ低分子医薬品のような化合物を使えば、リプレッサー・タンパク質を結合部位から引き離すことができます。
    適切な化合物を見つけることができれば、人体内のあらゆる細胞のテロメラーゼをオンにでき、細胞は何回でも必要な回数、正しく分裂できるようになります。

      テロメラーゼはがんの原因ではない!!

    (ビル・アンドリュース博士 著書「Telomere Lengthening」より要約)

    テロメア伸長の科学とテクノロジーは、多くの研究者によりしっかりした根拠が打ち出され、いよいよ若返りは、SFではなく私たちが生きている間に実現できるレベルまでになりました。しかし、このような状況でもテロメラーゼ誘導は、がんをもたらすという根強い噂が残っているようです。
    この噂が残ることは、ある意味、不可避ともいえ、何世紀もの間、私たちは文学界でのモラルとして「老化治療」は実現するには素晴らし過ぎる夢で、年老いて死ぬことが結局はより幸せなのだというお決まりの筋書きを読んできたからです。
    「不老不死が悪魔との取引」というのような話を信じた人々が、テロメラーゼとがんが同じ場所に存在するという示唆により、テロメラーゼはがんの原因と決めつけてしまったのです。

    実は、初めてテロメラーゼとがんが同じ場所に存在することを示唆したのも、ビル・アンドリュース博士でした。
    ビル博士は、ジェロン社でヒトテロメラーゼを発見した研究チームを率いていた時、ヒト皮膚細胞にヒトテロメラーゼを挿入すると老化せず健康状態も悪化しないことを示しています。同時にテロメラーゼのアンチセンスを採取し、がん細胞に挿入することで、がん細胞を老化の加速により死滅させることにも成功しており、同じことを正常細胞に行っても何の影響も出ないことを証明しています。(※現時点でテロメラーゼ阻害剤は臨床試験段階にある)

    奇しくも、この実験が噂のきっかけとなってしまいました。

    一部の人がテロメラーゼの阻害でがん治療になるのなら、テロメラーゼ誘導は、がんの原因になるという飛躍した非科学的な結論を導き、このことが昔ながらのストーリーにぴったり合ってしまい未だ根強い噂で残っているのです。

    結論として「テロメラーゼ誘導」はがんの原因ではありません。むしろがんと闘うために重要な免疫システム強化に繋がり、テロメラーゼ陽性細胞だけを死滅させる治療と組み合わせることが出来れば、一層優れたがん治療法になります。また、がん発症前であれば、テロメラーゼ誘導により、がんの原因である短いテロメア由来の数多くの突然変異を防ぐことこそが、最も優れたがん予防法になるということです。

    Products

      TAM Series

    「TAMシリーズ」とは、世界中の人々が健康で長生きできる社会を実現させるため、ビル・アンドリュース博士の30年以上に及ぶ研究成果である"テロメラーゼ誘導活性化物質「TAM(=Telomerase Activating Molecule)」"を様々なジャンルで提供していくために誕生したdefytimeグループが提供する「TAM」配合の商品シリーズ名称です。

    現在ラインナップされているTAMシリーズ商品には、2001 年に発見された「TAM」と比較して80-300 倍の効果をもたらす最新のテロメラーゼ誘導活性化物質「TAM」が配合されています。

    Let's check it now. Regain your health with the TAM series.

    TAMシリーズ商品サイトを確認

    Get TAM Series

    Company

      ビル・アンドリュース博士からの最新メッセージ
      代表からのごあいさつ

    "常に健康"で身体の衰えを感じないような"若い状態" をなるべく長く保っていたい…
    誰もが思い描いていることではないでしょうか?
    実際、むかしに比べれば、食生活や生活環境における正しい情報も得ることでき、さらに飛躍的な医療の発達により、我々の健康寿命もかなり伸びてきております。

    世界一の長寿国であり"超高齢社会" に突入した日本では、"高齢者がより健康で長生き出来る社会" を築いていくことは、これからの日本において大きなテーマとなっております。

    私も日本に住み、家族、又自分自身が年齢を重ねていく中で、ビル・アンドリュース博士にお会いしました。
    そこでビル・アンドリュース博士が掲げる【世界中の人々が健康で長生き出来る社会の創造】というビジョンに共感し、私もこのような未来を創造したいと考え、現在、defytime Science Japanで 研究活動・商品展開を総合的にサポートしております。

    ビル・アンドリュース博士に、人間の可能性を広げる研究に集中していただくことをミッションとし、そして研究成果を世界中の人々に広げていく、継承していくことが我々の使命だと考えております。
    今後ともより一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。

      事業エリア

    最新の"TAM" を含有した製品については、世界に先駆けて日本が世界初の情報発信を実施。今後は【アジア全体】に向けた情報発信を行うことで、マーケットの拡販を推進して参ります。

      会社概要
    商         号defytime Science Japan 株式会社(ディファイタイムサイエンスジャパン)
    設   立   日2014年11月4日
    所   在   地東京都中央区銀座8-18-4 THE FORME GINZA 8F【GINZA818-OFFICE】
    取  締  役
    • 代表取締役         西平 隆
    顧         問
    事 業 内 容
    1. 1.  テロメア短縮による疾病とその解決策の研究及び開発
    2. 2.  バイオテクノロジーを産業化するための研究及び企画開発
    3. 3.  老化治療製品の研究及び関連製品の販売
    4. 4.  化粧品の卸及び小売り並びに輸入販売
    5. 5.  化粧品の商品企画及び開発
    6. 6.  健康食品の製造、販売、輸出入、流通
    7. 7.  前各号に関するコンサルタント業務
    8. 8.  前各号に付随する一切の業務
    資   本   金2億1,361万円(2017年6月12日現在)
    決   算   期10月
    主要取引銀行三井住友銀行 銀座支店 みずほ銀行 新橋支店
    U    R    Lhttp://defytime.jp/
    所 属 団 体一般社団法人 テロメア最先端医療医学学会   (http://telomere.or.jp/
      事業の展望

    2007年、世界に先駆けて"超高齢社会"に突入した我が国においては、高齢化率が2025年には約30%、2060年には約40%に達すると見られています。
    「老化メカニズムの解明」「がん研究の進化」「予知医療の登場」「再生医療の劇的な近代化」など医療技術の急速な進歩により30年後の2045年には人間の寿命は100歳を超えると多くの研究者が予測していることからも分かるように今後我々を取り巻く環境は大きく変わってくることは間違いありません。
    寿命が延伸することは喜ばしい話ですが、一方で「生産年齢人口の減少」「社会保障費の増大」「介護負担の増大」といったいくつかの問題点も浮上してくることは分かっています。
    この問題解決には、ただ単に平均寿命を延伸するのではなく、介護などを要さない健康寿命をしっかりと伸ばすことが重要になります。

    私たちdefytimeグループは、私たちの研究成果となるTAMリーズ製品によって、世界中の誰もが「いつまでも健康で」「若い時のように元気で」生きている間ずっと肉体的にも、精神的にも快適な状態を保てるように することを目的として事業を推進して参ります。

      平均寿命と健康寿命  (厚生労働省/健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料より )
    平均寿命【男性】80.21歳
    健康寿命【男性】71.19歳
    平均寿命【女性】86.83歳
    健康寿命【女性】74.21歳

    Research Team

    Bill Andrews, Ph.D.

    Lonnie Klaich 

    Laura Briggs, Ph.D.

    Jonathan Greenwood

    Lancer Brown, M.S. 

     

    Salvatore Cumella, M.D.

    Federico Gaeta, Ph.D.

    社会保障給付費の推移

    3.5

    1970年 国民所得5.77%

    47.2

    1990年 国民所得13.61%

    148.9

    2025年 国民所得40%以上

    Affiliated company

      Defytime Science Ltd(New Zealand)Go to Web

    Institute for Innovation in Biotechnology 3A Symonds St Auckland

      Sierra Sciences,LLC(United States of America)Go to Web

    250 S. Rock Blvd., Suite 130 Reno, Nevada 89502-2301